ホーム > 人材紹介 > これから伸びる人

これから伸びる人

破産宣告をする人で持っている返済義務に対し保証人がいるときには事前に相談をしておいたほうがいいでしょう。

 

ここにおいて、強調しておきますが、借金に保証人が存在する場合は破産をする前にちゃんと検討しなければなりません。

 

なぜならばみなさんが破産手続きを取って免除がおりると、その人たちが返済義務を全部負う義務が生じるからです。

 

なので、破産手続きをする前に保証人となる人にこれまでの経緯や現状について報告し謝罪をしなくてはならないでしょう。

 

保証人になってくれた人からすると求められることです。

 

あなたが破産の手続きをすることにより、強制的に数百万もの支払い義務が回ってくるのです。

 

それで、それ以降の保証人となる人の選べる選択ルート次の4つです。

 

まず1つめですが、保証人となる人が「すべてを弁済する」ということです。

 

その保証人がいつでも何百万円もの借金をポンと弁済できるといったような現金を持っていればこの手段を取ることが可能でしょう。

 

でもむしろ、自分で破産の手続きをせずにあなたの保証人に立て替えを依頼してあなたは保証人である人に返していくという手順も取れるのではないでしょうか。

 

保証人が良い関係にある場合は少しは期日を猶予してもらうこともできるかもしれません。

 

たとえいっしょに返すことが不可能でも、貸金業者も相談により分割支払いに応じてくれます。

 

保証人に自己破産をされてしまうと、お金がまったく弁済されないことになりかねないからです。

 

保証してくれる人がその借金をあなたに代わり支払う財力がなければ債務者とまた同じようにいずれかの債務整理をすることを選ばなくてはなりません。

 

続く選択肢は「任意整理」を行う方法です。

 

これは貸方と落としどころをつける方法により、数年の年月で返済する方法です。

 

この問題で弁護士にお願いする場合のかかる費用は1社ごとに4万円。

 

合計7社からの負債があるとしたらおよそ28万円かかります。

 

むろん貸金業者との示談は自分ですることもできないことはないかもしれませんが債務処理に関する経験がない素人の場合債権者が確実に有利な条件を提示してくるので慎重である必要があります。

 

任意整理になるということは借り入れを負ってもらうことになるわけですからあなた自身は少しずつでも保証人に返済をしていく義務があるでしょう。

 

3つめは保証人となる人も返済できなくなった人と同じように「破産する」ということです。

 

借金した人と同じように自己破産をすればあなたの保証人の返済義務も消滅します。

 

しかし、株式などを所有しているならばその資産を取り上げられてしまいますし資格制限がある職についているならば影響がでます。

 

その場合は、次の個人再生を利用するといいでしょう。

 

最後の方法の4つめですが「個人再生を利用する」ことができます。

 

マンション等を残して借金の整理をしていく場合や自己破産手続きでは資格制限がある職にたずさわっている場合にふさわしいのが個人再生による整理です。

 

この方法なら、住居する不動産は手元に残りますし、破産の場合のような職業制限、資格制限等は何もかかりません。

 


関連記事

これから伸びる人
破産宣告をする人で持っている返済義務に対し保証人がいるときには事前に相談をしてお...
テスト
テスト記事です。...